【活動報告】Z世代向けの意識調査を担当してみて

  • 担当された企画について教えて下さい

Z世代トラベルプロジェクト」メンバーの小川琴子です。


私は、今回Z世代に関する調査をまとめる主担当となりました。

調査の目的は、7月に作成されたZ Trip Book(ゼットリップブック)の信憑性を高めるためです。前回の調査ではN数が143名であったのに対し、9月に行った再調査では223名の回答を得ることが出来ました。結果、Z世代の特徴を捉えた、さらにレベルアップをしたZ Trip Bookを完成する事が出来ました。調査フォームを再度設計し直し、編集、変更、追加を行い、新たな「Z世代らしさ」の発見にも繋がり、旅行・観光業界の方々への有益な資料を作成できたと感じています。


Z trip book 表紙


  • 今回の企画の準備で学べたこと・大変だったことは何ですか?

私が一番苦労したことは、調査フォームの設問です。

どのようなデータが改訂版のZ Trip Book作成の際に必要なのか、そのデータを得るためにどのような設問・選択肢を作るべきなのか、を考えるのが大変でした。今回、Googleフォームを使用した初めての調査経験だったので、Googleフォームの使い方はもちろんの事、調査結果の分析方法や、その調査結果をパワーポイントにまとめる方法を学ぶことが出来ました。

再調査は、今取り組んでいる企業様への提案を考える上で、「Z世代とは○○だから〜だ」と根拠づけるために重要な役割を果たしており、再調査で得た情報が提案の役に立った時に、やってよかったな、とやりがいを感じられます。調査結果をじっくりと見ると、意外と面白い結果が出ていたりするのも、調査担当の楽しいところだと思います!


再調査のアンケートフォーム
  • 今後の課題や、自分自身に対する意気込みを教えて下さい

再調査を終えて、「改訂版Z Trip Book」がようやく完成しました!次のステップとして、Z Trip Bookの内容をプレゼンテーションする際に、どのように説明を付け加えるのか、ポイントをまとめたメモを作成をしていきたいと考えています。また、調査担当としての役割は無事に果たすことが出来たので、クライアント様案件に力を注ぎ、様々な取り組みに積極的に参加していきたいです!


  • 「Z世代トラベルプロジェクト」に興味を持つZ世代の方へのメッセージを下さい

このプロジェクトに参加しているメンバーは、自分と同じく「観光を学んでいる」、「旅行が好きな」大学生ですが、それぞれの旅行経験や趣味、知識は全然違います。そのため、みんなと意見交換をしている時に自分には思いつかないような案が毎回出てきて、「こんなアプローチの仕方があるのか!」という発見とともに、メンバーから新しい視点を学ぶことが出来てとても良い刺激になります。Z世代として一緒に観光業界を盛り上げていきましょう!