【活動報告】コミュニティー創りを担当してみて

・担当された企画について教えて下さい


「Z世代トラベルプロジェクト」の櫻井夏菜です。

私は今回、Z世代トラベルプロジェクトのコミュニティを創出するリーダーを担当しました。

Z世代トラベルコミュニティを創る目的は、私達のような観光を学び、観光業界へ携わりたいと想う全国のZ世代が集まり、繋がれる場を創りたかったからです。


・今回の企画の準備で学べたこと・大変だったことは何ですか?


コミュニティ制作を任された時に、まず何から始めたら良いのかそこからのスタートでした。


コンテンツをゼロから制作できる機会は、なかなか出会えるものではないのでワクワクして高鳴る気持ちと、考えることが山のようにあり何から手を付ければいいのか分からないパンクしそうになる気持ちが入り混じっていました。

学んだことは、目標からスケジュールを逆算して考え、やるべきことに優先順位をつけるという事です。

そうバリーズさんからアドバイスいただき、アドバイス通りに、その目標にたどり着く為にはどうしたらいいのかを考え、スケジュールを組むと不思議と今何をしたらいいのかが見えてきて、やるべきことが順序立てて考えることができ、思いついたら即行動する性格の私にはとても大きな学びでした。


また、「コミュニティメンバーを増やす為には何をしたらいいのだろうか」という課題が浮かんできた時に、コミュニティメンバーはそもそもどんな人で何をこのコミュニティに求めているのかを考える為、ペルソナ像を考えました。“ペルソナ像”を考える、という事自体も初めてだったので、大きな学びでもありました。


その人にはどんなアプローチをしたらより効果的なのだろうと、ひたすらZ世代トラベルプロジェクトのメンバーと話し合いました。そしてその考えた結果をアクションに移すが、結果が思うようにいかずにもう一度ディスカッションをして意見を出し合う。これの繰り返しでした。この経験はとても素晴らしい経験になったと思います。メンバーそれぞれが違った意見や考えを持っていて、ぶつかる意見に折り合いをつけたり、妥協点を見つけたり、学生でここまでできることって本当に貴重な経験だなと、思います。


コミュニティーメンバーの公式LINE

・今後の課題や、自分自身に対する意気込みを教えて下さい


今後はもっと、コミュニティメンバーの人数を増やし大きくしたいと思っています。将来的には、観光を学ぶ学生や、観光業界に就くZ世代にとってマストな存在、そして旅行・観光業界の人事部にとって魅力的な人材を見つける最適な場所になることを目指したいです!


そのようになるにはどうしたらいいのかを考え、実行するのが今の課題です。

また、壁にぶつかっても冷静に計画を立てて進められるように努力し続けていきます。


・「Z世代トラベルプロジェクト」に興味を持つZ世代の方へのメッセージを下さい

私は、このプロジェクトに参加して今しかできない経験をたくさんさせてもらっています。

旅行が好きで観光を学んでいたただのいち学生から、企業に提案をするインターン生になれました。

未来のマーケットの中心である渡地達Z世代の力で、未来の観光業界を盛り上げられたら嬉しいです!