【Z's Voice vol.2】 夢がいきなり絶えかけたけど、それでも今日も前を向いて私らしく生きていく

Z世代トラベルプロジェクトでは、旅行・観光業を学び、また観光業界で働く事を目指している

Z世代にインタビュー取材をし、彼/彼女達の今の想い、生の声をお届けします。


世界中で、誰もが予想していなかった「COVID-19」の感染拡大。

この未曾有の体験で、旅行・観光業界は苦境に置かれていますが、

大変なのは、"観光業界"だけではなく、観光業界で羽ばたく事を目標に、

これからの観光業界を創り上げていく為に観光業を必死に学んできた“Z世代”も同じです。


そこで、人に中々会えない今だからこそ、不安を抱える学生の生の声をお届けし、

同じ気持ちをもつZ世代に、少しでもポジティブな気持ちになってもらう事、

そして同じような不安を抱えている人は沢山いるんだよ、という事をお伝えする事で

不安を解消出来る事を手助けしたいという想いで、【Z's Voice】をお届けします。


それから、是非企業の皆さんにも、これからの未来を創っていく

Z世代の気持ちを理解していただければと、願っています。


〜目次〜

1. プロフィール

2. 将来の夢

3. コロナ禍での気持ちの変化

4. コロナ禍での就職活動

5. 大学生活へのアドバイス

6. 観光業界の未来に一言



1. プロフィール

Y.Fさん

大学3年生。大学では、日本語ではなく英語の講義で主に経済、経営、マーケティング等を学んでいる。ダンスサークルに所属しており、全国大会優勝経験あり。大学のミスコンテストにも出場経験あり。アルバイトは、塾講師、カフェ、アパレル経験あり。大学2年時の夏休みには、アメリカの遊園地で働いていた。


2. 将来の夢

ーーーあなたの将来の夢は何ですか?ーーー


Y.Fさん:客室乗務員でした。今も諦めた訳じゃないですが…。


ーーーこのご時世ですもんね。ちなみに客室乗務員を目指したきっかけはなんですか?ーーー


Y.Fさん:元々空港が大好きで、旅行に行く時も帰ってきてもワクワクする場所だし、後は、福岡県出身だったり、昔アメリカに住んでいた事で、飛行機に乗る機会が多くて。

その中で色んな国に飛ぶ事が出来る客室乗務員に自然と憧れを持つようになっていました。

なので、大学を選ぶ際は、英語での講義が必須になってくる学部を選んで、大学生になってからは、塾講師として英語を教える事で基礎を忘れないようにしたり、アメリカの遊園地でスタッフとして働く等して、英語力や接客力を磨いてきました。


ーーー空港、飛行機が大好きな事、努力を積み重ねてきた事が伝わってきましたが、航空業界が採用中止と発表された時の気持ちはいかがでしたか?ーーー


Y.Fさん:まだ、全部の会社が採用中止と決めた訳じゃないけど、チャレンジすら出来ない事は本当に悔しいです。

でも、コロナ禍で、改めて航空業界とか客室乗務員の需要を考え始めるようになりました。


3. コロナ禍での気持ちの変化

ーーーコロナ禍で悔しさや、気持ちの変化が起きる中どう過ごしてきましたか?ーーー


Y.Fさん:本来だったら、昨年オリンピックが開催されていたので、成田空港で、オリンピック関係者のサポートとして働く予定だったのですが出来なくなりました。キャリアプランが崩れ出し、何かしたいけど、緊急事態宣言によって家からも出られず、どうすればいいのか分からない時期が本当に多くありました。

その中で、今出来る事を必死に模索し、ちょうど目の前にあった大学のミスコンテストに出場し、今与えられた事を、目標を立てて頑張る事を決意しました。ミスコンテストは、客室乗務員とはかけ離れているけど、今までの固定概念を変えつつも、自分らしさを忘れずに活動しようと、新たな目標を掲げる事にしました。その他にも、ミスコンテストと平行で、ダンスサークルの最後の活動等を頑張って過ごしてきました。


ーーー目の前の事を着々と頑張る事は本当にとても素敵だなと思いました。この一年、色んな事を考え、頑張ってきてみて将来に対しての変化は何かありましたか?ーーー


Y.Fさん:心の中では、客室乗務員への夢は捨てきれずにいるけど、現実をしっかりと受け止めていこうと思っています。夢を一途に思い続けてきたからこそ、今まで見てこなかった違う職業にも目を向けることが出来る機会だと思うようになりました。けど、まだ今は答えがはっきりと出た訳ではなくて、とても凄く悩んでいます。


ーーー難しいですよね。でもこれから先、Y.Fさんの今までの沢山の経験が必ず力になるとお話を聞いていて思いました。ーーー


4. コロナ禍での就職活動

ーーーちなみにコロナ禍の就職活動はどのような感じですか?ーーー


Y.Fさん:オンラインで進むめている事がほとんどです。

ただ画面上だと、どうしてもいつもよりリアクションをオーバーにしなきゃいけなかったり、人と人が直接触れ合って分かる事が伝えきれない事は悔しいです。人と直接会って話す事が好きだから、画面上だと少し不便そうだなって思います。インターンシップとかも、オンライン上で開催されているけど、直接じゃないと会社の知れない部分もありそうだなって思います。


ーーー確かにオンライン上だと直接会う時よりもY.Fさんとの壁を感じちゃいます。(笑)でも、とても勉強になります。ーーー


5. 大学生活へのアドバイス

ーーーコロナ禍で、思うような大学生活を送れていない人がいると思うのですが、何かアドバイスを下さい。ーーー


Y.Fさん:んー、学生は、いい意味でも悪い意味でも凄く自由だなって思いました。私は今までは、キャリアプランを立てて生きてきたけど、コロナを経て、人生何があるかわからないからこそ、時間を無駄にしないで、やりたい事をとことんやって、色んな経験をして、大学生活楽しむ事が大切なのかなと思います。


6. 観光業界の未来に一言

ーーー最後に観光業界への未来に対して一言お願いします。ーーー


Y.Fさん:観光業界への道に進むかは未だ分からないが、親しみがあるアメリカが大好きでまた早く行きたいなと思っているので、一消費者として、コロナ禍でも沢山旅をして、観光業界にこれからも貢献したいです。



一途に夢を追いかけ、色んな事に挑戦して、努力を積み重ねてきたY.Fさん。

夢を追いかけてきたからなのか、とても大学生活が充実しているように見えていましたが、そんな彼女でも、夢がいきなり絶えかけ未だ、将来を模索し、悩み続け、結論が出ていないで辛いと言っていたのが印象的です。

それでも自分らしさを大切に前を向き続けている。悩んでいる人が、あなただけじゃない事、大変だけど前を向いている人がいる事、それをY.Fさんのインタビューを通してお伝え出来ればと思いました。


これからのY.Fさんの未来をZ世代トラベルプロジェクトは応援しています!


Z世代トラベルプロジェクトメンバー 

吉田