【Z's Voice】コロナ禍でも観光業界・地域活性化に向けて活躍するZ世代の今 Vol.2

Z世代トラベルプロジェクトでは、観光業界や地方創生の分野で働いている、また働くことを事を目指しているZ世代にインタビュー取材をし、彼/彼女達の今の想い、生の声をお届けします。



世界中で、誰もが予想していなかった「COVID-19」の感染拡大。

この未曾有の体験で、旅行・観光業界は苦境に置かれていますが、

大変なのは、"観光業界"だけではなく、観光業界で羽ばたく事を目標に、

これからの観光業界を創り上げていく為に観光業を必死に学んできた“Z世代”も同じです。


そこで、人に中々会えない今だからこそ、不安を抱える学生の生の声をお届けし、

同じ気持ちをもつZ世代に、少しでもポジティブな気持ちになってもらう事、

そして同じような不安を抱えている人は沢山いるんだよ、という事をお伝えする事で

不安を解消出来る事を手助けしたいという想いで、【Z's Voice】をお届けします。


また是非企業の皆さんにも、これからの未来を創っていく

Z世代の気持ちを理解していただければと、願っています。

今回は、外資の航空会社で客室乗務員として勤務しているAさんにインタビューをしました。

会社の規則の為、企業名、個人情報は記載不可ですが、お忙しい中ご協力して頂きました。


〜目次〜

1. プロフィール

2. CAになったきっかけ

3. コロナ禍を経験して変わった価値観

4. 将来について

5. コロナ禍で大学生活を過ごすZ世代にアドバイス


1.プロフィール



Aさん

関西出身。関西外国語大学卒業。外資の航空会社(X社)で客室乗務員として3年目。



2.CAになったきっかけ


ーーーCAになったきっかけはなんですか?ーーー


Aさん:小さいころから憧れていました。また学校の授業の一環で企業研究の課題があり、X社がサービスなどの賞を受賞している事を知り、ここで働きたいと思いました。


ーーー自分自身で企業研究などをする事が今に繋がっているんですね。このような事は今コロナ禍でも、私達は実践することができますね。就活の中で特に気を付けていたことはありますか?ーーー

Aさん:実際に面接でどのような質問を聞かれるのかを早いうちから入念に調べました。アルバイトの経験など仕事について深く聞かれることを知った為、多くのアルバイトを経験しました。全ていい経験でしたが特に接客業が今にも繋がっていると感じます。後、英語力を求められると聞いていたので、普段から英語を使うように意識していました。


ーーー今コロナ禍で私達は海外留学に行く事が難しい状況です。何か国内で英語を上達する勉強方法はありますか?ーーー


Aさん:私も高校の時にアメリカに留学をしましたが、大学では行っていません。アプリやオンライン英会話を利用して自分から外国の方と話すきっかけを作り積極的に行動することが大事だと思います。



3.コロナ禍を経験して変わった価値観


ーーーコロナ禍で働き方や生活は一変しましたが、その中でも大切にしていることはありますか?ーーー


Aさん:一時は3か月くらいフライトが0でした。今まではこのような経験がなかったので、改めてこの仕事が大好きだということを確認できました。また、私たちは今までよりお客様が少ない分、乗務に余裕がある為ソーシャルディスタンスを保ちながらも目を配ったサービスを提供できます。できる事は限られていますが、大変な時に搭乗してくださったお客様にどれだけハッピーになって頂けるかを意識しています。


ーーーまたコロナ禍だからこそ学べたことはありますか?ーーー


Aさん:プライベートの話なんですが、、、時間に余裕ができたので色々な事に挑戦しました。まず、YouTubeを始めました。まったく何も分からない状況で始めたんですが、だんだん編集スキルなども身に付き新たなスキルを手に入れる事ができました。後、外国人の方に日本語を教えたり、ブログも始めました。


ーーー凄く色々な事に挑戦されていてびっくりしました!ーーー



4.将来について


ーーーなぜ社会人になっても、新たな事に挑戦し続けているのですか?ーーー


Aさん:今まで時間に余裕が無かったため、セカンドキャリアについて考えて向き合う時間がありませんでした。その為、この期間に様々な事に挑戦して自分に次はどんな職があっているのか考える時間になってよかったと思います。


ーーー何か新しい夢は見つかりましたか?ーーー


Aさん:セカンドキャリアとして子供に教える事が好きなので、海外で保育士や幼稚園の先生に挑戦したいです。まだ子供に教えたことはないので、免許取得から頑張りたいです。


ーーー何事にもチャレンジする力が本当に素晴らしくて私達も負けずに何事にも失敗を恐れずに挑戦したいと思います。ーーー



5.コロナ禍に大学生活を過ごすZ世代にアドバイス


ーーー最後にコロナ禍を過ごす大学生、Z世代にアドバイスをいただきたいです!ーーー


Aさん:航空業界や旅行業界はまた戻ってきます。今もだんだん採用が始まってきています。採用が始まった時に英語力などが足りなくて、受験できないのは勿体ないです。いつ始まっても大丈夫なように、今できる事をしっかりしていて欲しいです。後、時間がある学生時代に色々な事を経験して挑戦していてください。



コロナ禍でフライトがない間に様々なことにチャレンジし続けるAさん。

私は幼い頃からの夢だった航空業界への道を諦めようとしていました。しかし、今コロナ禍だからこそオンラインなどを通じてできる事は絶対にあると思います。自分で勝手に「できない」と思い、道を狭くするのではなく何事にも失敗を恐れずチャレンジし自分の可能性を広げないといけないと、このインタビューを通じて感じる事ができました。また、私は絶対に航空業界への夢を諦めないと決意しました。

私と同様に航空業、旅行業、ホテル業などへの夢を持っていた学生は多くいると思います。コロナなんかに負けないで、これらの旅行・観光に伴う業種は必ず戻ってくると私は信じています。今できる事にチャレンジして、今後どのように立ち向かうかが大切だと思います。それをAさんへのインタビューを通してお伝えできればと思いました。



Z世代トラベルプロジェクトメンバ―

平山