【Z's Voice】コロナ禍でも観光業界・地域活性化に向けて活躍するZ世代の今 Vol.1

Z世代トラベルプロジェクトでは、観光業界や地方創生の分野で働いている、また働くことを事を目指しているZ世代にインタビュー取材をし、彼/彼女達の今の想い、生の声をお届けします。



世界中で、誰もが予想していなかった「COVID-19」の感染拡大。

この未曾有の体験で、旅行・観光業界は苦境に置かれていますが、

大変なのは、"観光業界"だけではなく、観光業界で羽ばたく事を目標に、

これからの観光業界を創り上げていく為に観光業を必死に学んできた“Z世代”も同じです。

そこで、人に中々会えない今だからこそ、不安を抱える学生の生の声をお届けし、

同じ気持ちをもつZ世代に、少しでもポジティブな気持ちになってもらう事、

そして同じような不安を抱えている人は沢山いるんだよ、という事をお伝えする事で

不安を解消出来る事を手助けしたいという想いで、【Z's Voice】をお届けします。


また是非企業の皆さんにも、これからの未来を創っていく

Z世代の気持ちを理解していただければと、願っています。


今回は、1ヶ月から始める地域留学サービスの「Familyinn」の運営メンバーとして活動する

M.N.さんにインタビューをしました。


〜目次〜

1. プロフィール

2. 将来の夢

3. コロナ禍を経験して変わった価値観

4. 現在取り組んでいる活動

5. コロナ禍で大学生活を過ごすZ世代にアドバイス



1. プロフィール


M.Nさん

千葉県出身。明治大学文学部3年生。日本文学を専攻。

2年次から愛媛県西条市に滞在し「大保木スタディステイ」のインターン生として活動。

3年次からは1ヶ月から始める地域留学サービスの「Familyinn」の運営メンバーとして活動する側、自らも利用者として新潟県や石川県などに滞在し生活している。



2. 将来の夢


ーーー将来の夢はなんですか?ーーー

M.Nさん具体的にはまだ決まっていないのですが、皆が生き生きとできる「環境づくり」「社会づくり」をしていきたいと考えていて、その入り口として今は農業に注目しています。


ーーーその夢を持つきっかけは何かあったのですか?ーーー


M.Nさん地方に訪れた際に関わった人たちから「来てくれて有難う」と感謝されることが多く、自分が必要とされている感覚がとてもありました。この「生き生きとした感覚」を多くの人の手に入れて欲しいと思ったのがきっかけです。



3. コロナ禍を経験して変わった価値観


ーーーコロナ禍で大学生の生活は一変しましたが、何か価値観や考えに変化はありましたか?ーーー


M.Nさんコロナが流行し、一歩も家から出ないような生活が続いたため人との関わりも少なくなり、心も体もとても不健康になりました。


ーーーその変化にどう対応されたのか教えていただきたいです。ーーー


M.Nさん大学がオンライン授業になりましたが、「どこでも授業を受けられる」という良さをチャンスと捉えなければいけないと感じ、地方に行き、人と関わることに重点を置くことにしました。

1年生の時にボランティアで訪れた地域の方に連絡を取り、2年生は主にそこで過ごしました。


ーーー全部自分から行動したことなのですか?ーーー


M.Nさんそうです。始まりはプログラムでしたがそのあとは自分から直接連絡をしていろんなことを経験させていただきました。



4. 現在取り組んでいる活動


ーーー私がM.Nさんの存在を知ったのはM.Nさんが運営で携わっている「Familyinn」のサービスを利用したのがきっかけなのですが、「Familyinn」に運営として加入したきっかけを教えてください。ーーー


M.Nさん運営として携わるきっかけは自分も利用者としてFamilyinnを使い、もっとFamilyinnの価値を多くの人に広めたいと思ったからです。


ーーーFamilyinnのどこが魅力的だと感じたのですか?ーーー


M.Nさん私は以前から地方に行きたいと思っていましたが、その中でも自分自身が楽しめるか、という点を最も重視していました。

Familyinnはプログラムが組まれておらず、自由度が高いので私にとってすごく理想的なサービスでした。


ーーー自由度が高く自分次第でどこまでも可能性を広げられるサービスですよね!実際運営も行っているとのことでしたが、どのような活動をされているのですか?ーーー


M.Nさん主に、InstagramやTwitterといったSNS運用と、カスタマーサポートとしてのゲストさん対応。あとはイベントの運営にも携わっています!


ーーー凄くいろんな業務をこなしているんですね、すごいです!ーーー


M.Nさんありがとうございます笑

いろんな業務をさせていただいている中でやはり一番やりがいを感じるのはカスタマーサポートを行っている時ですね。


ーーーそうなんですね!どういう時にやりがいを感じるのですか?ーーー


M.Nさんホームステイ前にゲストさんとホストさんとの面談があるのですが、その面談に交わらせていただく時にお互いがホームステイを楽しみにしている様子を見ると「やっていてよかったな・・・」と思いますし、実際自分もその地域に行きたくなります笑


ーーーそれこそ、M.Nさんが先ほどおっしゃっていた将来の夢である「みんなが生き生きとできる環境・社会」に送り出す瞬間に立ち会える、素敵な活動ですね。ーーー



5. コロナ禍に大学生活を過ごすZ世代にアドバイス


ーーー最後にコロナ禍を過ごす大学生、Z世代にアドバイスをいただきたいです!ーーー


M.Nさん今の自分は生き生きとできているな、という感覚がもしあったらそれは素晴らしいことなので是非その感覚を忘れずにどんな時も過ごして欲しいです。でもなんか違うなと思ったら大学生の時が一番挑戦できる期間だと思うので、コロナ禍でもできることを探していろんなことに挑戦してみたり生活を変えてみたりして欲しいです!



コロナ禍でも積極的に活動し自分のやりたいことを一つ一つ実現しているM.Nさん。

1年半以上もオンライン授業が続き、私も「理想の大学生活」を過ごせていないと感じています。だからこそコロナ禍でも生き生きと自分のやりたいことをしているM.Nさんは本当にかっこよく見えました。

大学生の間に行きたかった海外留学を諦める選択をした人や、コロナによる就活への不安を抱えている人が多いと思います。しかし、一度しかない大学生活。このような環境下でも下を向かず、常に自分の興味があることに向かって全力で走り続けてほしいです。それをM.Nさんへのインタビューを通してお伝えできればと思いました。



M.Nさんが運営に携わっているFamilyinnのHPもこちらに記載させていただいています。気になった方は是非LINE登録をして全国にいる素敵なホストさん達を見てみてください!!



Z世代トラベルプロジェクトメンバー

鷲巣